ゼロ磁場と健康効果(西堀貞夫さんの2冊のご著書を読んで)

書籍紹介シリーズ

今回は、ゼロ磁場の健康効果に着目した、西堀貞夫さん著書「ゼロ磁場の奇跡」、「ゼロ磁場ならがんも怖くない」の2冊をご紹介していきます。
 
ダイキくんが読む“ここがポイント”

この本は、  1200件もの特許を持つ西堀さんの、本人にとっても集大成ともいえる発明である「ゼロ磁場」を応用した技術についての本です。

人間の持つ「磁気エネルギー」と、不思議な「ゼロ磁場」の力を使って、健康になるための必須項目である体温をあげようというお話です。

 

西堀さんが提唱する「エンターテイメント音響療法」という、特殊な椅子を使用した治療法もとても興味深いです。

※ちなみにダイキくんも、一度この「エンターテイメント音響療法」は体験してみました。

詳しくは最下部、「ダイキくんの独りごとのコーナー」へ(笑)

ただ、それだけでなく、健康に対する基礎知識をものすごくわかりやすく解説してくれています。

ですから、何か健康とか体に対するお仕事をされている方はそれだけでも読む価値がめちゃくちゃある本だと感じました。

 

すべての不調からあなたを救うゼロ磁場の奇跡 西堀 貞夫 https://www.amazon.co.jp/dp/4344910907/ref=cm_sw_r_li_dp_U_yMCGEbXZX9N4H

NO! 抗がん剤 ゼロ磁場ならガンも怖くない 治癒の響き《音響免疫チェア》のすべて 西堀 貞夫 https://www.amazon.co.jp/dp/4864715076/ref=cm_sw_r_li_dp_U_8ICGEb1CH90ST

 
動画はこちら
 

ゼロ磁場とは何か

世界的なパワースポットは、この「ゼロ磁場」であることが多いです。

聖地エルサレム、ピラミッドなど…日本だと高野山や伊勢神宮など、枚挙にいとまがありません。

簡単にいうと「未知のエネルギー」が満ち溢れた場所です。

ゼロという名前ですが、地球のS極とN極の磁気エネルギーがぶつかり合い拮抗しているので、人間が感じることが出来ないものも含め、ものすごいエネルギーが発生しています。

磁気エネルギー

私達人間は、元々「生体磁石」とも呼ばれる「磁気エネルギー」を持っているとされます。
簡単にいうと、元々、鉄を使用して生きていた生命体が、私達の元だったそうです。
その名残なのかどうなのか、酸素を使用できるようになった今でも、血液では鉄分が大切になっています。
※「知ってるか?血って、鉄の味がするんだぜ。」
というのは、松本大洋さんの名作「ピンポン」を代表する名セリフですよね。
 
すみません、余談でした(笑)
 
この磁気エネルギーというのは、血流の良し悪しによって変わってくるそうです。
血流の良い健康な人は、この磁気エネルギーが高いそうです。
それが、可視化されると「波動、オーラ」というようなものとして見えるんだとか。
 
※イエスさんとかブッダさんって、めっちゃ体温高そうですよね。
 
逆に、これをうまく使えば、良い時期エネルギーによって、血流の良い、体温の高い状態を作り出すことができるそうです。

ゼロ磁場×磁気エネルギー

この大切な、良い磁気エネルギーを活性化させることができ、逆に悪い磁気エネルギー(邪気とも言われる)ものを無効化することができる。
そんな陰陽のバランスが完璧に取れる不思議な力が、ゼロ磁場にはあるそうです。
 
というわけで、ゼロ磁場でものすごい治癒の奇跡が起きているのも、体温が上がって免疫力や回復力が上がっているというのも1つの要因なのではないかと考えられています。
 
※もちろん、それだけでなく、いろんな周波数のことなど、まだまだ未知数のパワーが秘められています。
 

恩恵を受けるには

とはいえ、毎日ゼロ磁場にいくのも難しい。
という人は、西堀さんの開発した特殊な椅子(音響免疫チェア)に座るというのも良いかもしれません。
人間が羊水にいた頃と同じ状況を作り出してあげることができ、体温が上がりリラックスできるそうです。
実際に、中国やアメリカでは認知症や各種疾患の治療として採用されているとのこと。
 
日本でも、少しずつ広がってきているそうで、この椅子が磁気エネルギーを活用しているからなのか、気づいたらゼロ磁場発生装置になってしまっていたそうなんです。
 
しかし、なんといってもまだまだ希少で高価であるのも事実。
それも難しいという人は、せめてゼロ磁場のお水とか、そのへんで手をうつというのがいいかなと思います。
 
※別の話ですが、実際に波動水療法というものが認知されてきています。
 
水というのは、私達生命体にとって欠かすことの出来ないもの。
飲水法という、水だけで病を治す方法があったり、この「水の影響」というものは、人智を超えた、計り知れないものがあります。
 

まとめ

 
いずれにせよ、「ゼロ磁場」をうまく使うことで、健康だけでなく、幸福になるための心の余裕であったり、そういった副次的な恩恵まで受ける事ができます。
 
あとは、自分がどういった形で日々の生活に取り入れるか。
 
といったところですが、大切なのは、信じて軽い気持ちで取り入れること。
 
すがるような気持ちとか、疑うような気持ちだと、せっかくの良い波動やエネルギーに自分自身を共振共鳴させることができません。
 
そうすると、せっかくの効果を最大限に受けることができないそうです。
※キリストさんのことを信用していない人には、手当ての奇跡などは起きづらかったそうです。
 
なんでも明るくが大切ですね。
 
それから、こういった代替療法の中でもさらに不思議な分野のこと、未知の分野の治療法って、これからどんどん出てくると思います。
 
西堀さんの本は、そういったものへの理解を深めるための最初の一冊にも、とってもおすすめの本です。
 
今日も、ありがとうございました。
あなたに、全てのよきことが雪崩のごとく起きます。
 
ダイキ
 
ダイキくんの独りごとのコーナー
この本は、健康に関することをお話する仕事をしている人にとっては、ものすごく興味深くてためになる本だと思います。
 
西堀さんの例え方が、圧倒的にうまいです。
 
お医者さんじゃない人だからこそ、ここまでの言葉の工夫が出てくるのだろうなという感じです。
 
もう、ほんとに脱帽。
 
ゼロ磁場よりも、そこが一番の収穫でした(笑)
 
では、また次回。
 
Youtube健康セミナー】
 
【公式LINE:ダイキ君の「知らないと損する」健康の話】
このURLをタップまたはクリックすると、
「ダイキ君の「知らないと損する」健康の話」を友だち追加できます。
健康寿命120歳を目指したくない人は登録しないでくださいね(笑)
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました